測りたがりの痛がり屋

イラストと一緒に、特に特別でもないけど愛しい毎日を、ぼちぼちお酒呑みながら書いて行きます。

あ〜〜

イラストと一対一で向かい合うようになってから、否が応でも自分の力不足を感じ、イラストレーターとして名乗っていいのかわからなくなっている。私は美術学校も出ていないし、そんなこと気にしていないと思っていたけど、やっぱ気にしていたわ。自分を騙して生きていたのかもしれない。いろんな人のイラストを見て、THEイラストレーターと自分を比べて、表現力のなさに気づく、それがアイデンティティですとか、もうそんな若いこと言えない。明らかに彼らと私は違う。今仕事のひとつに永遠と写真の模写のようなものをやっていて、そうやってあるものを描くのは得意だが、その他の仕イラストはいまいち表現力に欠け、魅せ方がへただ。漫画寄りで、漫画も中途半端なのだよな。まあでもどっちも頑張れば得れるはずだし、悩んで成長するしな、まだまだ過程だって思うは思う。でも恥ずかしい、ずっと恥ずかしい。まだまだ世の中には出れない。特に目立ちたくもない、でも愛されたい。ただただ愛されたい。芸術はわからんから、私らしくいこうと思って描いてきたけど、ちゃんと一般的なイラストレーターと人間的な悩みをごっそり抱えてしまった。年齢だって、28か。まだまだ若いと言いながらも、もうそんな年って驚いたり。泥臭い。

 

頑張ってはいるし、頑張れるけど、ようやく一人でおしごとも慣れたけれど。誰かもっと褒めてくれないかな。でも自分で自分を褒めるなら、ちゃんと独特のセンスや愛はあるんだよな。自分でいうしかないよな、誰かこんこんと、夜、酒でも飲みながら私を褒めてはくれないだろうか。安い奴なので、そんなことあったらあてをなんでも作ってあげるよ、ははは、はーまた酔っ払ってこんなこと書いてしまった。