読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

測りたがりの痛がり屋

イラストと一緒に、特に特別でもないけど愛しい毎日を、ぼちぼちお酒呑みながら書いて行きます。

学び

おっぱいの看板と、マッサージの看板の間を通る。客引きの異様に背の高いおじさんの、やる気があるのかないのか分からないダミ声を聞きながら、ぼおっと熱い頭で新橋の夜風をきる。

 

自分の悪かったところ、人の悪かったところ、多いか少ないかではない、私の非をしっかり飲み込んで一歩進もうと思った。

 

「言葉」の持つ力。蔑ろにしてしまったあの瞬間をもう忘れるな。しまったと思うより前に、一度注意と慈しみを持って口の中で転がせるように。世の中に放す前に。