測りたがりの痛がり屋

イラストと一緒に、特に特別でもないけど愛しい毎日を、ぼちぼちお酒呑みながら書いて行きます。

めんどくさい奴

私はいい奴でもなんでもない、醜い感情は溢れるほど持っていて、でもだからこそ他人に優しくできると思っている。そういう自分を否定しすぎないことだ...と思いながらも、言葉だけで、いろいろ悟ったふりしながらも全然実際のところ納得いく姿にならないし、すごい不満が募ってくし、私は依然として全く上手に生きれない.....!!!!!!!!!!!しっかり仕事しなくてはと思いながらもうとうと現実から逃げることも多々あるし、家にこもって自分と対峙しながらのお仕事きつい、ほんと身もふたもないけどきついよお....

 

私はいい格好しいだし、あんまり暗いのもなんだと思って明るく振舞っている、それに救われてくれている人もいる感じではあるが、こいつ明るく楽しく生きやがってみたいな反応も少なからずある、じゃあどう生きたらいいんだよー。ばかやろ、明るくばっかりで生きている人間がいるわけがないじゃないか。隣の芝生ばっか見てる暇あったらちゃんと前向いて歩け。

 

でも私も人のこと言えないんだ。ほんと情けない、年ばっかり大人になって。定まらない。でも昨日打ち合わせで会った女性とも飲みながら話してたけど、定まったら定まったで嫌なんだな、もうもう、とか書きなぐってると案外元気になってきたりして、ほんと自分てやつはめんどくさい。毒吐かせてくれてありがとう、ありがとう。