読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

測りたがりの痛がり屋

イラストと一緒に、特に特別でもないけど愛しい毎日を、ぼちぼちお酒呑みながら書いて行きます。

漫画ふれなばおちんを読んだ(ネタバレ含む)

漫画ふれなばおちんのラスト.........!!!!!!!!!!!!!!!!!!???????????????????????????????????????????????????????????????????

〈ネタバレ含みます〉

 

 

読んだばっかだから感極まっているのだが、一体全体どうしてあのラストになるのか!?なぜ佐伯さん事故にあって終わるの??なんで??それはなくないか?あんまりじゃないか?あれだけ頑張ったんじゃないか夏さんも佐伯さんも。

 

現実だったら、そのようなことが起こるのは分かる。慈悲のかけらもないこと、想像もできないこと、なんでもありの世界、起こってしまったことは起こってしまったこと、全ての人が諦めたり受け入れて生きている。でも漫画で起こることは全てなんらかの意味がある。だってストーリーだもの、誰かが考えているのだもの、それを読む読者がいるのだもの。。。たとえ実話だったとしてもこのラストは少しないんじゃないか。せめてもう少しその後を書くとか、何か、何かあったんじゃないか、11巻まで、主婦になった気持ちになってそれはもう楽しく読ませてもらったけど、こんな終わりは想像もしていなかった。。。。。。

 

それだけの罪だといいたいんだろうか。家族がいる中で、別の誰かを愛すことって。それは十二分にお話の中でわかったのに。すごくすごく苦しいほど伝わったのに。最後に佐伯さんが事故に合う意味。(実は死んだかもさだかでなない、唐突に、ラストで事故に合い、それから数ページで完。夏さんは知らないまま、彼が事故に合ったという事実だけ読者に知らされる)

 

おこちゃまの私には想像もできない何かを伝えたいんだろうか。あっ!事故のように人を愛し、最後には本物の事故に合う、ってやつかな。掛けてるのかな?ちがうかあ

それとも話の中でなかなかにかわいそうな旦那さんが、最後には浮気相手いなくなったしこれでもう、心配いらないねってやつか?それでいて初めて、夏さんも佐伯さんを忘れられるね、相手が死にでもしなければ、永遠に平和が来ないものね。ってそういうことなんだろうか。このようにいろいろ想像させて考えさせることが目的?まだ未遂の人たちへの警鐘か?

ぐああああああああ。やられた。私の中でかなりの問題作だ。

面白かっただけに、いろいろとリアルだっただけに、このラストはかなりの衝撃だった。。。うーん。。