測りたがりの痛がり屋

イラストと一緒に、特に特別でもないけど愛しい毎日を、ぼちぼちお酒呑みながら書いて行きます。

キュウリは足が早い

平日は6時前に起きて仕事場に向かう。帰ってくると19時か。仕事は派遣だが、がっつり週5で入れている。私としたことが少しの間ちゃんとイラストに集中しようと思いながら、しっかり仕事に疲れてしまっている。パソコンかちかち業務は退屈なときもあるが、案外向いていて、何より仕事が対価に見合っているというのが心から気持ちがいい。働くってこういうことだよなあ...と思う。

 

金曜日はしっかり池袋で美味しいご飯とお酒を堪能してきた。起業家と、税理士の友達。話聞いてて面白かったなー、起業家の人は今月100人と仕事したらしいし、税理士の人は週5で飲み会があるほどで毎月10万飲み代に消えるらしい。私は途中から数字にも酔っ払いながら、にへらへらと話を聞くばかりだった。

 

だからこそ休日は、イラストの時間だ。といいながら今はもうビールが横に置いてあるが、今日はもう割といろいろ描いているからである。(言い訳なものか)ようやく最近肩の力が抜けてきて嬉しい。まだまだだけど。今ようやくスタートに立ったかな。

 

途中少しお腹すいたから冷蔵庫からキュウリを取り出して、まあ、はしたないけど丸かじりした。そしたら人生で初めての感触、ふわってした。キュウリがふわっだよ。腐っていたんだ。まだ買ってから二日しか経っていないのに、なんて足が早いんだろう。。。。そう考えてからお絵描きが始まってしまった、まだまだやることあるのに。

 

f:id:amarino:20170415172113j:plain

f:id:amarino:20170415172138j:plain