測りたがりの痛がり屋

イラストと一緒に、特に特別でもないけど愛しい毎日を、ぼちぼちお酒呑みながら書いて行きます。

酔う

富士山麓ってウィスキーが美味しい、ウィスキーまだよくわかんないけど、50度が喉を駆け巡ると、ようやく自分らしくいれるっていうか...いやあこんなの酔っぱらいの戯言かあ。

 

私はすごく頭でっかちなので、考えすぎてなんにも言えなくなるタイプだ。人と会っても、どうやったら悪い印象与えないかしらと思いながら、いろいろセーブしては、いい子ちゃんぶって、どうせ私のことはわかってもらえないのよね、なんて思ってる所謂メンメラなんだろう。そんな中でも根気よく付き合ってくれるみなさんにはもう本当に感謝しているわけであって。そしてだからって下手というよりは、まあみんな、いろいろ抱えてて、私だってそれ愛してるしおアイコだよってどっかで思ってる。

 

お酒が好きなのも、酔うと割と素になれるからだ。

 

ここ最近は、まあ想像していた通りではあったけど、さあ、ちゃんと創作しなきゃなあとおもって、まあ一生懸命、いろいろこねくりまわして創作していた。が、本当にドキドキしちゃって、前職のデザイン会社の先輩も、ああのむらさん辞めるのね、もしかしたら売れそうね、そういう風に期待してくれているのに、私はすごくプレッシャーで、自分自身が一番自分にプレッシャーをかけて休もうにも休んでいるもんじゃなかった。

 

やりたいなあと思っていることは多々あって、この緊張が解けないことには。

そんな、今世紀最大の表現みたいなのがしたいとかじゃなくて、できるとも思っていない、私はただ、こんな残念な私だからこそ、できることがあると思っていて、

この世の中のひと、全ての共感を得たいなんてわけじゃない、逆にそんな大それたこと考えたら本当になんにも喋れなくなってしまう。ほんのちょっと、誰かがわかってくれて、コーヒーやお酒、漫画のように、少しの支えや喜びになってくれるものを創作したいと、ただただ思っているのだ。

 

強くなること、そしてとても耐えれるもんじゃないからとりあえずバイト(これが結構重たくて、まあ稼ぐため)することになり、その合間に創作、そしてようく考えて就職か、もっとイラスト持ち込みしたりしていきたいなあと考えている所存です。

 

弱音はさらすけど、べつに特に誰からも文句言われたくない、誰にも負けるもんかと思っている。私はちゃんと、頑張っているから。自己陶酔でも、なんでも、今まで生きてきた中でも、ちゃんと向き合っていると思うから、だから引き続き、ちゃんと向かい合ってみるよ。めんどくさいだろう?そんな感じです。