読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

測りたがりの痛がり屋

イラストと一緒に、特に特別でもないけど愛しい毎日を、ぼちぼちお酒呑みながら書いて行きます。

あるエゴネコの話

ある日猫がネズミを誇らしげに持ってきた。

猫の自己満足によって殺されたネズミの死体。

わたしは日々を生きる中で、自分の自己満足が暴走するのが怖い。

そんな力はないわと思いたいけれど、生きてきて、死んだねずみを何匹数えてきたことか。もちろんネコが悪いという話じゃない、わたしはネコではなく人間である、という点が問題なのである。

 

f:id:amarino:20160616192754j:plain