読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

測りたがりの痛がり屋

イラストと一緒に、特に特別でもないけど愛しい毎日を、ぼちぼちお酒呑みながら書いて行きます。

回復の秘訣

惰眠を貪りすぎて夢と現実がごっちゃになり、ネットで注文したシャンプーコンディショナーをこの手で受け取ったときの、袋のしなしなとした感覚まで覚えているのにまだ届いていなかった。おかしいなあと少し考え込み、もしかしたらどこかに置きっぱなしにしてるのかもと思ったけど、後から”段ボール”でちゃんと届いたからやっぱり夢だ。

 

半年ぶりに美容室に行った。大学生からずっと染めていたけど、もともとの黒が懐かしく、もう染めるの卒業しようと思ってそのままにしていた。プリンになるほど染めていなかったし、前髪が伸びれば自分でざっくりと切るし、アイロンで自由自在にパーマ風にもできるし、私には美容室はあまり需要がない。ただ、女子として、また行かなくちゃな。よく分からない使命だけど。

 

私の愛してやまない日本橋の「墨之栄」というお店で、相棒の誕生日会と称して頭が痛くなるまで日本酒を呑んだ。お通しの烏賊の肝和えを七輪で焼いて食べれば、もう呑まずにいられない。美味しい刺身、まるまるとしたサバの原始焼きはひとり一匹配られる。

 

呑んで、寝る。いつだってそれが回復の秘訣だ。